ミスマープルサイショノジケン ボクシカンノサツジン

ミス・マープル最初の事件 牧師館の殺人

  【新訳版】

アガサ・クリスティ
山田順子


ミス・マープル最初の事件 牧師館の殺人

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ミス・マープル・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:396ページ
初版:2022年7月15日

ISBN:978-4-488-10550-1
Cコード:C0197
文庫コード:M-ク-2-16

装画:吉實恵
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

セント・メアリ・ミード村の牧師館で治安判事が殺された。被害者は厳しい性格で恨みをもつ人間は多いが、殺すまでとなると……。とはいえ村は謎めいた婦人やスキャンダラスな噂のある画家など、怪しげな人物に事欠かない。難航する捜査をよそに、牧師館の隣人の穿鑿(せんさく)好きな老婦人が、好奇心と人間観察で事件を解決に導く。クリスティの二大探偵のひとりミス・マープル初登場作。解説=若竹七海


アガサ・クリスティ

イギリスの作家。1890年生、1976年歿。1920年に『スタイルズ荘の怪事件』でデビューして以来、長編短編集あわせて80冊を超す作品を発表した。着想のうまさと錯綜したプロット構成、それに独創的なトリックの加わった『アクロイド殺害事件』や『オリエント急行の殺人』といった、すでに古典の座を占めるものも少なくない。彼女の創造した名探偵にはエルキュール・ポワロやミス・マープルなどがいる。


山田順子

(ヤマダジュンコ )

1948年福岡県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒業。主な訳書にアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』『ミナの物語』、キング『スタンド・バイ・ミー』、プルマン『マハラジャのルビー』、マーヒー『マディガンのファンタジア』『不完全な魔法使い』、アンソニー〈魔法の国ザンス〉シリーズなど。