コクガヲコエテ

黒河を越えて

ロバート・E・ハワード
宇野利泰中村融


黒河を越えて

ジャンル
ファンタジイ > ヒロイック・ファンタジイ
レーベル
創元推理文庫(F)
シリーズ
新訂版コナン全集 4

判型:文庫判
ページ数:398ページ
初版:2007年7月13日

ISBN:978-4-488-51414-3
Cコード:C0197
文庫コード:F-ハ-1-14

装画:後藤啓介
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

天才作家が創造し、すべてのヒロイック・ファンタジーの源となった傑作シリーズを、最新の校訂のもとに贈る第4集。外人部隊で気ままな暮らしを送っていたコナンの前に現れた、海賊国の女首領。彼女を追って黒人王国の奥地深く踏み入ったコナンが見たものは、何年も開かれたことのないような城門に守られた死の都であった!勇将の南方国での活躍を描く「赤い釘」など3編を収録。訳者あとがき=中村融


目次

「赤い釘」
「古代王国の秘宝」
「黒河を越えて」

〈資料編〉
「ロバート・アーヴィン・ハワード」
(E・ホフマン・プライス)



中村融

(ナカムラトオル )

1960年愛知県生まれ。中央大学卒業。SF・ファンタジイ翻訳家、研究家、アンソロジスト。主な訳書に、ウェルズ『宇宙戦争』『モロー博士の島』、ハワード《新訂版コナン・シリーズ》ほか多数。創元SF文庫での編著に『影が行く』『地球の静止する日』『時の娘』『時を生きる種族』『黒い破壊者』がある。