フクイエケイブホノホウコク

福家警部補の報告

大倉崇裕


福家警部補の報告

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
福家警部補シリーズ

判型:文庫判
ページ数:438ページ
初版:2016年12月16日

ISBN:978-4-488-47007-4
Cコード:C0193
文庫コード:M-お-4-7

装画:くまおり純
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

天才的技倆を持った漫画家と彼女を潰しにかかる出版社の辣腕営業部長、もとは同人誌で合作していた二人が不幸な結末を迎える「禁断の筋書」、ヤクザが仲間割れのあげく相討ちしたように偽装された殺害現場にいた少女は、なぜか目撃証言を拒んで泣くばかり……「少女の沈黙」、息子なきあと一見穏やかな日々を過ごしている老夫婦が悪党どもを爆弾で吹き飛ばし、官憲の捕縛を逃れて痛快なメッセージをよこす「女神の微笑」、以上三編を収録。『福家警部補の挨拶』『福家警部補の再訪』に続く、倒叙形式の本格ミステリ第三集。解説=森谷明子


目次

「禁断の筋書(プロツト)」
「少女の沈黙」
「女神の微笑(ほほえみ)」


大倉崇裕

(オオクラタカヒロ )

1968年京都府生まれ。学習院大学法学部卒。97年「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞に佳作入選、翌年には「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞。『七度狐』『やさしい死神』『オチケン!』などの落語ミステリをはじめ、アクションを導入した意欲作『無法地帯』、和製〈刑事コロンボ〉シリーズとして注目された『福家警部補の挨拶』など作風は多彩だが、丁寧なプロットの魅力と謎解きの面白さは常に一貫している。
http://d.hatena.ne.jp/Muho/