タマサカニンギョウドウソレカラ

たまさか人形堂それから

津原泰水


在庫僅少

定価:792円 (本体価格:720円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

たまさか人形堂それから

ジャンル
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:240ページ
初版:2022年7月29日

ISBN:978-4-488-46905-4
Cコード:C0193
文庫コード:M-つ-4-5

装画:牧野千穂
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

人形を作らない澪(みお)さんには、作り手にのしかかる重圧は、永久にわからない――スランプに苦しむ職人の冨永(とみなが)が放った言葉に傷付きながらも、新人店主・澪は人形教室に通って、「作る側」の心に真摯に向き合おうと努力する。着せ替えドールを巡る騒動、髪が伸びる市松人形……人形修復店に持ち込まれる様々な謎を描く珠玉のミステリ連作集。書き下ろし「戯曲 まさかの人形館」を収める。著者あとがき=津原泰水/解説=倉数茂


目次

「一 香山(かやま)リカと申します」
「二 髪が伸びる」
「三 小田巻姫(おだまきひめ)」
「四 ピロシキ日和(びより)」
「五 雲を越えて」
「六 戯曲 まさかの人形館」


津原泰水

(ツハラヤスミ )

1964年、広島県生まれ。青山学院大学卒。89年、津原やすみ名義で少女小説作家としてデビュー。97年、現名義で発表した『妖都』以降、様々なジャンルを横断する作品を執筆している。2012年、『11 eleven』が第2回Twitter文学賞国内部門1位となる。14年、短篇「五色の舟」がS-Fマガジン “オールタイム・ベストSF” 国内短篇部門1位に選出され、近藤ようこにより漫画化された同作が、同年、第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞する。〈ルピナス探偵団〉〈幽明志怪〉シリーズほか、『少年トレチア』『綺譚集』『ブラバン』『ヒッキーヒッキーシェイク』『歌うエスカルゴ』など著作多数。