キタンシュウ

綺譚集

津原泰水


綺譚集

ジャンル
一般文芸 > 幻想小説
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:270ページ
初版:2008年12月26日

ISBN:978-4-488-54202-3
Cコード:C0193
文庫コード:F-つ-1-1

AD:津原泰水 写真: (C)Kim Stringfellow
装幀:松木美紀


内容紹介

●伊坂幸太郎氏推薦――「文章の完璧さと恐ろしいまでの美意識が、どこか異様で、格好いいです。」

天使へと解体される少女に、独白する書家の屍に、絵画を写す園に溺れゆく男たちに垣間見える風景への畏怖、至上の美。生者と死者、残酷と無垢、喪失と郷愁、日常と異界が瞬時に入れ替わる。――綺の字は優美なさま、巧みな言葉を指し、譚の字は語られし物を意味する。本書収録の15篇は、小説技巧を極限まで磨き上げた孤高の職人による、まさに綺譚であり、小説の精髄である。解説=石堂藍


目次

「天使解体」
「サイレン」
「夜のジャミラ」
「赤假面傳」
「玄い森の底から」
「アクアポリス」
「脛骨」
「聖戦の記録」
「黄昏抜歯」
「約束」
「安珠の水」
「アルバトロス」
「古傷と太陽」
「ドービニィの庭で」
「隣のマキノさん」


津原泰水

(ツハラヤスミ )

1964年広島県生まれ。青山学院大学卒業。89年より津原やすみ名義で少女小説を多数執筆。97年、現名義で『妖都』を発表、注目を集める。以後、ホラー、幻想小説、ミステリなど、多岐にわたる分野で活躍。2012年、『11 eleven』が第2回Twitter文学賞国内部門1位となる。14年、『五色の舟』(津原泰水・原作、近藤ようこ・漫画)が第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。『蘆屋家の崩壊』『ルピナス探偵団の当惑』『綺譚集』『赤い竪琴』『ブラバン』『ルピナス探偵団の憂愁』『たまさか人形堂物語』『ヒッキーヒッキーシェイク』『歌うエスカルゴ』など著作多数。