タイショクケイジ

退職刑事〈1〉

都筑道夫


退職刑事〈1〉

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:294ページ
初版:2002年9月27日

ISBN:978-4-488-43402-1
Cコード:C0193
文庫コード:M-つ-3-2

装画:ソリマチアキラ
装幀:柳川貴代


内容紹介

かつては硬骨の刑事、今や恍惚の境に入りかけた父親に、現職刑事の息子が捜査中の事件を語ると、父親はたちまち真相を引き出す。国産《安楽椅子探偵小説》定番中の定番として揺るぎない地位を占める、名シリーズ第1集。あとがき=都筑道夫/解説=法月綸太郎


目次

「写真うつりのよい女」
「妻妾同居」
「狂い小町」
「ジャケット背広スーツ」
「昨日の敵」
「理想的犯人像」
「壜づめの密室」



都筑道夫

(ツヅキミチオ )

1929年東京市生まれ。10代の頃から様々な筆名で小説を発表する。やがて翻訳家に転身、早川書房で日本版〈エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン〉の初代編集長を務め、〈ハヤカワ・SF・シリーズ〉の創刊にも尽力。61年に『やぶにらみの時計』で作家として再デビューしたのちは、ミステリやSF、時代小説から脚本、評論に至るまで幅広いジャンルで旺盛な執筆活動を行った。2001年に『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞を、02年には第6回日本ミステリー文学大賞を受賞。03年没。