ウチュウダイミッシツ

宇宙大密室

都筑道夫


宇宙大密室

ジャンル
SF > 短編集
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:520ページ
初版:2011年6月24日

ISBN:978-4-488-73301-8
Cコード:C0193
文庫コード:SF-つ-1-1


装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

初期の日本SF界を支えた名手による唯一のSF短編集。流刑星にただ一人閉じ込められた囚人はいかにして殺害されたか。あなたは60年後に殺された、と言って訪ねてきた男。自殺には一千万の税金がかかる時代に無一文で自殺に成功する方法とは。奇抜な着想と洒脱な筆致の短編17編に加え、書籍初収録の幻の中編SFスリラーと、SF出版人としての業績をたどる、日下三蔵が行なった貴重なインタビュー「日本SF出版黎明期」を収めた。真鍋博による挿画1点を再録。解説=日下三蔵


目次

「宇宙大密室」
「凶行前六十年」
「イメージ冷凍業」
「忘れられた夜」
「わからないaとわからないb」
  *
「変身」
「頭の戦争」
  *
「カジノ・コワイアル」
  *
「鼻たれ天狗」
「かけざら河童」
「妖怪ひとあな」
「うま女房」
「恋入道」
「一寸法師はどこへ行った」
「絵本カチカチ山後篇」
「猿かに合戦」
「浦島」
  *
「地獄の鐘が鳴っている」
  *
「日本SF出版黎明期 都筑道夫インタビュー」(聞き手/日下三蔵)


都筑道夫

(ツヅキミチオ )

1929年東京市生まれ。10代の頃から様々な筆名で小説を発表する。やがて翻訳家に転身、早川書房で日本版〈エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン〉の初代編集長を務め、〈ハヤカワ・SF・シリーズ〉の創刊にも尽力。61年に『やぶにらみの時計』で作家として再デビューしたのちは、ミステリやSF、時代小説から脚本、評論に至るまで幅広いジャンルで旺盛な執筆活動を行った。2001年に『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞を、02年には第6回日本ミステリー文学大賞を受賞。03年没。