ミライケイサツサツジンカ カンゼンバン

未来警察殺人課[完全版]

都筑道夫


在庫なし

定価:1,404円 (本体価格:1,300円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

未来警察殺人課[完全版]

ジャンル
SF > 連作短編集
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:650ページ
初版:2014年2月28日

ISBN:978-4-488-73302-5
Cコード:C0193
文庫コード:SF-つ-1-2

装画:瀬戸羽方
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

三課=殺人課とは殺人事件を捜査する部署ではなく、殺人を行う部署である。科学技術の発展とテレパシー能力者の登場により、ここ“新しい地球”では殺人願望を抱く者は事前に察知され、ゆえに刑事の使命は潜在的な殺人者を強制排除することにある。そして彼ら刑事たちは皆、かつて殺人願望に取り憑かれ、一度は社会から排除された者だった。歴史的傑作SFミステリ連作全15編。


目次

「人間狩り」
「死霊剥製師(はくせいし)」
「空中庭園」
「料理長(シェフ)ギロチン」
「ジャック・ザ・ストリッパー」
「氷島伝説」
「カジノ鷲(わし)の爪」
「マンハッタン・マンハント」
「空白に賭ける」
「殺人ガイドKYOTO」
「ロスト・エンジェル・シティ」
「私設殺人課」
「ワイキキ・ワンダーランド」
「有毒夢」
「赤い闘牛士」

「僕のSF個人史を話そう。都筑道夫インタビュー」
「都筑道夫すみだめぐり隅田巡 写真紀行」


都筑道夫

(ツヅキミチオ )

1929年東京都生まれ。10代の頃から様々な筆名で小説を発表する。翻訳家に転身し早川書房で〈エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン〉の編集長を務め、〈ハヤカワ・SF・シリーズ〉の創刊に尽力。61年、『やぶにらみの時計』で推理作家として再デビュー。主なSF作品に『翔び去りしものの伝説』『未来警察殺人課[完全版]』など。2001年に『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞を、02年に第6回日本ミステリー文学大賞を受賞。03年歿。