ニチヨウノヨルハデタクナイ

日曜の夜は出たくない

  【新版】

倉知淳


日曜の夜は出たくない

ジャンル
国内ミステリ > バラエティ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
猫丸先輩シリーズ

判型:文庫判
ページ数:418ページ
初版:1998年1月30日
改版:2019年1月31日

ISBN:978-4-488-42121-2
Cコード:C0193
文庫コード:M-く-2-1

装画:伊藤彰剛
装幀:T.F/K.K+岩郷重力


内容紹介

「だいたいお前さん達は想像力ってもんが足りなさすぎるよ、新聞や雑誌にひょいひょい乗せられて、やれ空飛ぶ人だ空中散歩者だってはしゃいでるんだから?もう少し頭使って自分の考えで物を云いなさいよ」そう言い放ったこの、仔猫みたいなまん丸い目をした小男こそ、名探偵猫丸先輩その人である。コミカルな筆致とロジカルな推理で読者を魅了する倉知淳の本格的なデビュー作。著者あとがき=倉知淳/解説=小野不由美


倉知淳

(クラチジュン )

1962年静岡県生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。93年、『競作 五十円玉二十枚の謎』への投稿を経て翌94年、『日曜の夜は出たくない』で本格的な作家デビューを飾る。以後、ユーモラスで親しみやすい作風ながら、ミステリとしての完成度にも妥協しない、高いクオリティの作品群を書き続けている。2001年、『壺中の天国』で第1回本格ミステリ大賞を受賞。他の著作に『過ぎ行く風はみどり色』『占い師はお昼寝中』『星降り山荘の殺人』『幻獣遁走曲』『ほうかご探偵隊』『なぎなた』『こめぐら』などがある。