ホウカゴタンテイダン2

放課後探偵団〈2〉

書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー

青崎有吾斜線堂有紀武田綾乃辻堂ゆめ額賀澪


放課後探偵団〈2〉

ジャンル
国内ミステリ > アンソロジー
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:334ページ
初版:2020年11月27日

ISBN:978-4-488-40062-0
Cコード:C0193
文庫コード:M-ん-6-2

装画:中村至宏
装幀:岡本歌織(next door design)


内容紹介

青崎有吾、斜線堂有紀、武田綾乃、辻堂ゆめ、額賀澪、1990年代生まれ作家で贈る、学園ミステリをテーマにした“書き下ろし”アンソロジー。






青崎有吾

(アオサキユウゴ )

1991年神奈川県生まれ。明治大学卒。学生時代はミステリ研究会に所属し、在学中の2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。エラリー・クイーンを思わせる論理展開と、キャラクターの妙味で人気を博す。著作は他に、〈裏染天馬〉シリーズの『水族館の殺人』『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』『図書館の殺人』、〈アンデッドガール・マーダーファルス〉シリーズ、〈ノッキンオン・ロックドドア〉シリーズ、『早朝始発の殺風景』がある。


斜線堂有紀

(シャセンドウユウキ )

1993年生まれ。上智大学卒。在学中の2016年『キネマ探偵カレイドミステリー』で第23回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞してデビュー。ミステリの意匠を凝らした構成のなかに、一見相反するような感情の歪みを鮮烈に描き出し、次々と話題を浚う。他の著書に『私が大好きな小説家を殺すまで』『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』『コールミー・バイ・ノーネーム』『詐欺師は天使の顔をして』『恋に至る病』『楽園とは探偵の不在なり』などがある。


武田綾乃

(タケダアヤノ )

1992年京都府生まれ。大学在学中に投じた第8回日本ラブストーリー大賞最終候補となった『今日、きみと息をする』で2013年デビュー。『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』に始まる〈響け! ユーフォニアム〉シリーズは、京都アニメーションでアニメ化され大きな注目を集める。著作は他に『青い春を数えて』『その日、朱音は空を飛んだ』『君と漕ぐ ながとろ高校カヌー部』『愛されなくても別に』などがある。


辻堂ゆめ

(ツジドウユメ )

1992年神奈川県生まれ。東京大学卒。2014年『夢のトビラは泉の中に』が第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞に選ばれ、翌年同作を『いなくなった私へ』と改題しデビュー。他の著書に『コーイチは、高く飛んだ』『あなたのいない記憶』『悪女の品格』『片想い探偵 追掛日菜子』『あの日の交換日記』のほか、〈図書館B2捜査団〉シリーズなどの児童書にも挑戦するなど、活発な執筆活動を続けている。


額賀澪

(ヌカガミオ )

1990年茨城県生まれ。日本大学芸術学部卒。2015年『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞、『屋上のウインドノーツ』で第22回松本清張賞を受賞しデビュー。吹奏楽、スポーツなど幅広い題材の青春小説の書き手として注目を集める。また、出版業界の内状に切り込んだエッセイ『背景、本が売れません』も評判となる。著作は他に『タスキメシ』『タスキメシ 箱根』『ウズタマ』『風に恋う』『競歩王』『沖晴くんの涙を殺して』などがある。