ホウカゴタンテイダン

放課後探偵団

書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー

相沢沙呼市井豊鵜林伸也梓崎優似鳥鶏


放課後探偵団

ジャンル
国内ミステリ > アンソロジー
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:346ページ
初版:2010年11月30日

ISBN:978-4-488-40055-2
Cコード:C0193
文庫コード:M-ん-6-1

装画:シライシユウコ
装幀:岩郷重力k.k.と3年2組のゆかいな仲間たち


内容紹介

1980年代生まれ、創元デビューの新鋭5人が書き下ろす学園推理。

『理由あって冬に出る』の似鳥鶏、『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞した相沢沙呼、『叫びと祈り』が絶賛された第5回ミステリーズ!新人賞受賞の梓崎優、同賞佳作入選の〈聴き屋〉シリーズの市井豊、そして本格的デビューを前に本書で初めて作品を発表する鵜林伸也。ミステリ界の新たな潮流を予感させる新世代の気鋭5人が描く、学園探偵たちの活躍譚。


目次

似鳥 鶏「お届け先には不思議を添えて」
鵜林伸也「ボールがない」
相沢沙呼「恋のおまじないのチンク・ア・チンク」
市井 豊「横槍ワイン」
梓崎 優「スプリング・ハズ・カム」


相沢沙呼

(アイザワサコ )

1983年埼玉県生まれ。2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。マジックとミステリが融合した作風で人気を博す。その他の著作として『ロートケプシェン、こっちにおいで』『卯月の雪のレター・レター』『マツリカ・マジョルカ』『ココロ・ファインダ』『マツリカ・マハリタ』『雨の降る日は学校に行かない』『スキュラ&カリュブディス─死の口吻─』『緑陽のクエスタ・リリカ─魂の彫塑─』がある。


似鳥鶏

(ニタドリケイ )

1981年千葉県生まれ。2006年『理由(わけ)あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選、改稿した同作でデビュー。続編の『さよならの次にくる〈卒業式編〉』などとともに〈市立(いちりつ)高校シリーズ〉として人気を博す。その他のシリーズに『午後からはワニ日和』などの〈楓ヶ丘動物園シリーズ〉、『戦力外捜査官 姫デカ・海月千波』などの〈戦力外捜査官シリーズ〉がある。近著は『シャーロック・ホームズの不均衡』『レジまでの推理 本屋さんの名探偵』。