リャクダツトシノオウゴン

掠奪都市の黄金

フィリップ・リーヴ
安野玲


掠奪都市の黄金

ジャンル
SF > SF
ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
創元SF文庫
シリーズ
移動都市クロニクル 2

判型:
ページ数:412ページ
初版:2007年12月14日

ISBN:978-4-488-72302-6
Cコード:C0197
文庫コード:SF-リ-1-2

装画:後藤啓介
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

古代兵器の暴走でロンドンが炎上して2年あまり、トムはヘスターと共に飛行船を飛ばしていた。だが、不時着した北の氷原で移動都市アンカレジに拾われたことから、ふたりの運命は急転する。最終戦争で文明が荒廃した遙かな未来。都市淘汰主義に則り、移動しながら食ったり食われたりを繰り返す都市と、それに反発する反移動都市同盟が争う奇怪な世界で逞しく生きる、トムとヘスターの冒険第2弾。星雲賞受賞の『移動都市』続編。訳者あとがき=安野玲



フィリップ・リーヴ

1966年英国生まれ。イラストレーターとして活躍していたが、子どものころに読んだ『指輪物語』や〈ナルニア国物語〉が忘れられず、自らも創作の筆をとる。デビュー作『移動都市』が大評判になり、英国のネスレ・スマーティーズ賞などいくつもの賞を受賞。四作目にあたる『廃墟都市の復活』でガーディアン賞に輝いた。また『アーサー王ここに眠る』ではカーネギー賞を受賞。名実ともに英国を代表する作家のひとりとなる。