ミクロ・パーク

ミクロ・パーク

ジェイムズ・P・ホーガン
内田昌之




この本もおすすめ

ミクロ・パーク

ジャンル
SF > ハードSF
レーベル
創元SF文庫

判型:
ページ数:550ページ
初版:2000年3月24日

ISBN:978-4-488-66322-3
Cコード:C0193
文庫コード:SF-ホ-1-22

装画:加藤直之
装幀:矢島高光


内容紹介

超小型ロボットを手がける民間企業で、二足歩行のマイクロマシンに人間が直接神経接続して操作する技術が生まれようとしていた。社長の息子と親友の電脳おたく少年は、早くも最新技術を裏庭の遊び場に持ち込み、戦闘ゲームを披露して、大人から箱庭型テーマパーク化の可能性を見込まれるが……。ナノテク+仮想現実技術ハードSF。


ジェイムズ・P・ホーガン

ジェイムズ・P・ホーガン

1941年、英国ロンドン生まれ。コンピュータ・セールスマンだったが、1977年に一気に書き上げた長編『星を継ぐもの』でデビュー。同書は日本に翻訳紹介されると同時に爆発的な人気を博し、翌年の星雲賞を受賞。さらに『創世記機械』『内なる宇宙』でも同賞を受賞した。『造物主(ライフメーカー)の掟』『時間泥棒』など、最新科学技術に挑戦する作品を矢つぎばやに発表し、現代ハードSFの旗手として幅広い読者を獲得した。また『未来の二つの顔』『未来からのホットライン』『星を継ぐもの』は星野之宣によって漫画化されている。2010年没。


内田昌之

(ウチダマサユキ )

1961年生まれ。神奈川大学外国語学部卒業。英米文学翻訳家。主な訳書に、ホーガン『量子宇宙干渉機』『揺籃の星』、レズニック『キリンヤガ』、スコルジー『老人と宇宙』ほか多数。