ラクジツノモン

落日の門

連城三紀彦傑作集2

連城三紀彦
松浦正人


未刊

定価:1,728円 (本体価格:1,600円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

落日の門

ジャンル
国内ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:736ページ
初版:2018年12月14日

ISBN:978-4-488-49812-2
Cコード:C0193
文庫コード:M-れ-1-2

写真:犬田和楠
装幀:岩郷重力+mmkktf


内容紹介

名匠・連城三紀彦が紡いだ数多の短編群から選り抜いた傑作集第二巻。直木賞受賞以降、著者の小説的技巧と人間への眼差しにはより深みが加わり、ミステリと恋愛小説に新生面を切り開く。文庫初収録作品を含む本巻では、著者の到達点と呼ぶべき比類なき連作『落日の門』全編を中心に、円熟を極めた名品十六編を収める。著者の全貌が把握できるとともに新たな視座を提示する全二巻。


目次

「ゴースト・トレイン」
「化鳥」
「水色の鳥」
「輪島心中」
「落日の門」
 落日の門
 残菊
 夕かげろう
 家路
 火の密通

「それぞれの女が……」
「他人たち」
「夢の余白」
「騒がしいラヴソング」
「火恋」
「無人駅」
「小さな異邦人」


連城三紀彦

(レンジョウミキヒコ )

1948年愛知県生まれ。早稲田大学卒。78年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞を受賞、79年に初の著書『暗色コメディ』を刊行する。81年「戻り川心中」が第34回日本推理作家協会賞を、84年『宵待草夜情』が第5回吉川英治文学新人賞を受賞。同年『恋文』が第91回直木賞を受賞して、恋愛小説の名手として評価を確立する。その後もミステリ的手法を恋愛小説に昇華させた傑作を多数発表。96年『隠れ菊』が第9回柴田錬三郎賞を受賞。2013年没。翌年、第18回日本ミステリー文学大賞特別賞が贈られた。