ユウレイシンシ/イジョウモノガタリ

幽霊紳士/異常物語

柴田錬三郎ミステリ集

柴田錬三郎


在庫あり

定価:1,188円 (本体価格:1,100円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

幽霊紳士/異常物語

ジャンル
国内ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:482ページ
初版:2014年9月12日

ISBN:978-4-488-43911-8
Cコード:C0193
文庫コード:M-し-8-1

装画:森美夏
装幀:山田英春


内容紹介

全身をグレイ一色につつんだ異色の名探偵・幽霊紳士が事件関係者の前に現われた時、謎は解き明かされる――どんでん返しの趣向に満ちた全12話で構成される『幽霊紳士』。若き日の名探偵の活躍を描くホームズ・パスティーシュなど、世界各都市を舞台にした奇怪な出来事を描く8編を収録する『異常物語』。時代小説の大家による、本格ミステリ連作集と、長らく入手不可能だった奇想に満ちた短編集を合本で贈る。解説=末國善己


目次

「幽霊紳士」
女社長が心中した
老優が自殺した
女子学生が賭をした
不貞の妻が去った
毒薬は二個残った
カナリヤが犯人を捕えた
黒い白鳥が殺された
愛人は生きていた
人妻は薔薇を怖れた
乞食の義足が狙われた
詩人は恋をすてた
猫の爪はとがっていた

「異常物語」
生きていた独裁者
妃殿下の冒険
5712
名探偵誕生
午前零時の殺人
妖婦の手鏡
密室の狂女
異常物語



柴田錬三郎

(シバタレンザブロウ )

1917年岡山県生まれ。慶應義塾大学卒。在学中『三田文学』に「十円紙幣」を発表。戦後、編集者生活を経て、51年『イエスの裔』で第26回直木賞を受賞。代表作に『御家人斬九郎』『赤い影法師』『徳川太平記』などがあり、〈眠狂四郎シリーズ〉は一大ブームとなった。1978年没。