ニャンシノドウシン

ニャン氏の童心

松尾由美


ニャン氏の童心

ジャンル
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:244ページ
初版:2018年11月22日

ISBN:978-4-488-43909-5
Cコード:C0193
文庫コード:M-ま-1-9

装画:Minoru
装幀:西村弘美


内容紹介

仕事に悩む女性編集者の田宮宴はある日、袋小路で人が忽然と消えるという事件に遭遇。謎の実業家にして童話作家のミーミ・ニャン吉先生の事務所で、秘書の丸山にその不思議な出来事について話すと、そばにいた猫が何かを伝えようとするかのようにニャーニャーと鳴いている……。ニャン吉先生ことニャン氏の正体とは?! 愛すべき猫探偵・ニャン氏の事件簿パート2、出来だニャ。


目次

「袋小路の猫探偵」
「偽りのアプローチ」
「幸運の星の下に」
「金栗庵の悲劇」
「猫探偵と土手の桜」
「ニャン氏のクリスマス」


松尾由美

(マツオユミ )

1960年石川県生まれ。お茶の水女子大学卒業。89年『異次元カフェテラス』を刊行しデビュー。91年「バルーン・タウンの殺人」がハヤカワSFコンテストに入選。主な著作に〈バルーン・タウン〉シリーズ、〈安楽椅子探偵アーチー〉シリーズ、〈ハートブレイク・レストラン〉シリーズ、『雨恋』『九月の恋と出会うまで』『煙とサクランボ』『花束に謎のリボン』『わたしのリミット』『ニャン氏の事件簿』などがある。