2005年英国推理作家協会(CWA)賞ゴールドダガー受賞

リョクイノオンナ

緑衣の女

アーナルデュル・インドリダソン
柳沢由実子


緑衣の女

ジャンル
海外ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:414ページ
初版:2016年7月15日

ISBN:978-4-488-26604-2
Cコード:C0197
文庫コード:M-イ-7-2

写真:(C)Pall Gudonsson; pallgudjonsson.zenfolio.com (C)Clarissa Leahy/cultura/Image Source/amanaimages
装幀:中村聡


内容紹介

2003年ガラスの鍵賞、2005年CWAゴールドダガー賞受賞

男の子が拾った人間の骨は、最近埋められたものではなかった。発見現場近くにはかつてサマーハウスがあり、付近には英米の軍のバラックもあったらしい。付近の住人の証言に現れる緑のコートの女。封印されていた哀しい事件が長いときを経て捜査官エーレンデュルの手で明らかになる。CWAゴールドダガー賞・ガラスの鍵賞を受賞。世界中が戦慄し涙した、究極の北欧ミステリ登場。訳者あとがき/文庫版に寄せて=柳沢由実子



アーナルデュル・インドリダソン

1961年アイスランドの首都レイキャヴィク生まれ。父親は高名な作家インドリディ・G・トーステンソン。アイスランド大学で歴史学と映画を専攻し、卒業後新聞社に就職。その後、フリーの映画評論家になる。1997年にレイキャヴィク警察の犯罪捜査官エーレンデュルを主人公とするシリーズ第一作Synir duftsinsで作家デビュー。3作目にあたる『湿地』と次の『緑衣の女』で2年連続してガラスの鍵賞を受賞。『緑衣の女』では、英国のCWAゴールドダガー賞も受賞している。