ランドスケープトナツノテイリ

ランドスケープと夏の定理

高島雄哉


未刊

定価:924円 (本体価格:840円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

ランドスケープと夏の定理

ジャンル
SF > ハードSF
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:368ページ
初版:2020年8月28日

ISBN:978-4-488-78501-7
Cコード:C0193
文庫コード:SF-た-3-1

装画:加藤直之


内容紹介

「今の私では知ることはおろか、想像もできないことを、私は知りたい」──地球随一の天才科学者の姉と、弟のぼくが到達した、宇宙と知性のすべて。星雲賞候補作。


高島雄哉

(タカシマユウヤ )

1977年山口県宇部市生まれ。徳山市(現・周南市)育ち。東京都杉並区在住。東京大学理学部物理学科卒、東京藝術大学美術学部芸術学科卒。2014年、第5回創元SF短編賞を「ランドスケープと夏の定理」で受賞(門田充宏「風牙」と同時受賞)、2018年に、これを長編化した初の著書『ランドスケープと夏の定理』を上梓。同書は新人作家の第一作ながら『SFが読みたい!』で国内編第5位となり、2019年の星雲賞日本長編部門の候補となるなど高い評価を得た。また、2016年の劇場用アニメーション『ゼーガペインADP』ではSF考証を担当、以降『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『ブルバスター』など多くの作品に参加している。『アニメのSF考証家が描く未来のカタチ 21.5 世紀 僕たちはどう生きるか?』は2020年第51回星雲賞ノンフィクション部門参考候補作に選出。