キョセイ

巨星

ピーター・ワッツ傑作選

ピーター・ワッツ
嶋田洋一


巨星

ジャンル
SF > ハードSF
SF > 短編集
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:366ページ
初版:2019年3月22日

ISBN:978-4-488-74605-6
Cコード:C0197
文庫コード:SF-ワ-3-5

装画:緒賀岳志
装幀:岩郷重力+W.I


内容紹介

直径2億kmの巨大宇宙生命体との邂逅を描くヒューゴー賞受賞作「島」、かの名作を驚愕の一人称で語り直すシャーリイ・ジャクスン賞受賞作「遊星からの物体Xの回想」、実験的意識を与えられた軍用ドローンの進化の極限をAIの視点から描く「天使」――星雲賞受賞作家の真髄を存分に示す傑作ハードSF11編を厳選した、日本オリジナル短編集。

*第2位『SFが読みたい! 2020年版』ベストSF2019海外篇


目次

「天使」
「遊星からの物体Xの回想」
「神の目」
「乱雲」
「肉の言葉」
「帰郷」
「炎のブランド」
「付随的被害」
「ホットショット」
「巨星」
「島」
解説 高島雄哉



ピーター・ワッツ

1958年カナダ・カルガリー生まれのSF作家、海洋生物学者。2006年発表の長編『ブラインドサイト』(邦訳2013年)では、星雲賞海外長編部門ほかフランス・ロシアなど6ヶ国で7つの賞を受賞し、現代随一のハードSF作家として世界的な名声を博す。中編「島」で2010年ヒューゴー賞中編部門を、短編「遊星からの物体Xの回想」で2011年シャーリイ・ジャクスン賞短編部門を受賞。


嶋田洋一

(シマダヨウイチ )

1956年生まれ。 静岡大学人文学部卒、翻訳家。主な訳書に、ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』『エコープラクシア 反響動作』、マイクル・フリン『異星人の郷』、M・M・スミス『みんな行ってしまう』、ダン・シモンズ『ザ・テラー』ほか多数。