ワタシハロボット

わたしはロボット

アイザック・アシモフ
伊藤哲


わたしはロボット

ジャンル
SF > ハードSF
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:362ページ
初版:1976年4月23日

ISBN:978-4-488-60406-6
Cコード:C0197
文庫コード:SF-ア-1-6

装画:加藤直之
装幀:矢島高光


内容紹介

2050年、人間自身より強く信頼がおけ、しかも人間に絶対服従する優れた種族として読心ロボットが誕生する。しかしロボットが人間に近づけば近づくほど、人間はロボットに危惧の念を抱く。いつか世界政治の主役はロボットにとって代わられるのではないのか? 巨匠が自ら創案した“ロボット工学3原則”をもとに贈る、人間とロボットの織りなす連作短編集。ロボットSFの歴史的傑作。訳者あとがき=伊藤哲


目次

「ロビー」
「堂々めぐり」
「理性」
「あの兎をつかまえろ」
「嘘つき!」
「迷子の小さなロボット」
「逃避!」
「証拠」
「避けられた抗争」


アイザック・アシモフ

アメリカの作家。1920年生まれ。SF黄金時代(1940年代)の立役者の一人であり、〈ロボット工学の三原則〉で有名な連作短編集『わたしはロボット』で一躍脚光を浴びた。純粋な推理小説を純粋なSF小説の中に盛り込んだ功績は大きく、科学者、SF作家、科学解説者という三つの顔に、その後推理作家としての一面が加わった。代表作として、壮大な未来叙事詩《銀河帝国の興亡》シリーズと、安楽椅子探偵物として評価の高い《黒後家蜘蛛の会》シリーズがある。1992年没。