アマギリケジケン

天霧家事件

太田忠司


天霧家事件

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 少年・少女探偵
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
少年探偵・狩野俊介シリーズ

判型:文庫判
ページ数:300ページ
初版:2010年2月26日

ISBN:978-4-488-49005-8
Cコード:C0193
文庫コード:M-お-6-5

装画:竹岡美穂
装幀:波戸恵


内容紹介

野上の探偵事務所を訪れた女性の依頼人は、ふたりの少年が写っている古い写真を見せ、ひとりは自分の亡夫だが、夫の昔のことを知りたいので横にいる人物を捜してほしいと言う。調査を始めた野上は女性に不審を抱き、喫茶店で会うものの、近くにいたのは野上だけという状況で女性は毒殺されてしまう。俊介には明かしたくないと野上が悩んだ事件の真相とは? シリーズ長編第五弾。解説=法月綸太郎


太田忠司

(オオタタダシ )

1959年愛知県生まれ。 名古屋工業大学卒業。 81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。 『僕の殺人』に始まる〈殺人三部作〉などで新本格の旗手として活躍。 2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。 〈少年探偵・狩野俊介〉〈探偵・藤森涼子〉〈ミステリなふたり〉など多くのシリーズ作品のほか、『奇談蒐集家』『星町の物語』『名古屋駅西 喫茶ユトリロ』など多数の著作がある。