モチヅキノアト

望月のあと

覚書源氏物語『若菜』

森谷明子


望月のあと

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 時代本格
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:440ページ
初版:2018年6月15日

ISBN:978-4-488-48205-3
Cコード:C0193
文庫コード:M-も-1-5

装画:小倉マユコ
装幀:大野リサ


内容紹介

平安の都は盗賊や付け火が横行し、乱れはじめていた。紫式部は『源氏物語』の人気に困惑気味の日々。そんななか訪れたお屋敷で、栄華を極める藤原道長が、瑠璃という姫をひそかに住まわせているのを知る。式部はこの瑠璃姫と道長になぞらえて物語を書きはじめるが……。瑠璃姫は何者なのか? 式部が道長に仕掛けた雅な意趣返しとは? 平安王朝推理絵巻その三。著者あとがき=森谷明子/解説=荻原規子


森谷明子

(モリヤアキコ )

神奈川県生まれ。2003年、紫式部を探偵役にした王朝ミステリ『千年の黙(しじま) 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。卓越した人物描写とストーリーテリングで高い評価を受ける。ほか、おもな作品に『白の祝宴』『望月のあと』『れんげ野原のまんなかで』『花野に眠る』(小社刊)、『春や春』(光文社)、『七姫幻想』『深山に棲む声』『緑ヶ丘小学校大運動会』(双葉社)、『葛野(かどの)盛衰記』(講談社)、『FOR RENT 空室あり』(幻冬舎)など。