ステネコトイウナマエノネコ

捨て猫という名前の猫

樋口有介


在庫なし

定価:1,012円 (本体価格:920円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

捨て猫という名前の猫

ジャンル
国内ミステリ > ハードボイルド
国内ミステリ > 青春ミステリ
国内ミステリ > 私立探偵小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
柚木草平シリーズ 9

判型:文庫判
ページ数:476ページ
初版:2012年3月16日

ISBN:978-4-488-45913-0
Cコード:C0193
文庫コード:M-ひ-3-13

装画:最上さちこ
装幀:SONICBANG CO.,


内容紹介

「秋川瑠璃は自殺じゃない。そのことを柚木草平に調べさせろ」とある一本の電話から、哀しい事件は動き出した──。場末のビルの屋上からひっそりと身を投げた女子中学生の事件へと柚木を深く導く“野良猫”の存在。そして亡くなった少女の母親、彼女の通っていたアクセサリーショップの経営者など、柚木が訪ねる事件関係者はいつも美女ばかり。〈柚木草平シリーズ〉最高傑作。著者あとがき=樋口有介/解説=関口苑生



樋口有介

(ヒグチユウスケ )

1950年群馬県生まれ。國學院大學中退。88年、『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。『風少女』が第103回直木賞候補となる。『彼女はたぶん魔法を使う』に始まる〈柚木草平シリーズ〉をはじめ、青春味溢れる作品で人気を博す。著作は他に、『林檎の木の道』『雨の匂い』『ピース』『夢の終わりとそのつづき』『捨て猫という名前の猫』などがある。