トウメイナイチニチ

透明な一日

北川歩実


在庫なし

定価:1,100円 (本体価格:1,000円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

透明な一日

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:524ページ
初版:2005年7月22日

ISBN:978-4-488-45301-5
Cコード:C0193
文庫コード:M-き-4-1

装画:佐久間真人
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

結婚の承諾を得るため千鶴の実家へ赴いた幸春は、千鶴の父・久信が前向性健忘という記憶障害に陥っていることを知らされる。数日後、幸春の知人が公園で何者かに襲われ命を落とす。当初は強盗事件と思われたものの、悲劇はこれだけでは終わらなかった……。14年前の連続放火事件との関係は、そして幸春と千鶴の結婚の行方は? 多重どんでん返しの末に明らかになる、驚愕と感動の真相。『金のゆりかご』『恋愛函数』の著者の代表作のひとつ。解説=千街晶之


北川歩実

(キタガワアユミ )

1995年、『僕を殺した女』でデビュー。論理的な作風とサスペンスフルな展開で注目される。主な著書に『透明な一日』『猿の証言』『金のゆりかご』『運命の鎖』『天使の歌声』などがある。