ショウギサツジンジケン

将棋殺人事件

竹本健治


在庫なし

定価:726円 (本体価格:660円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

将棋殺人事件

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:286ページ
初版:2004年5月28日

ISBN:978-4-488-44302-3
Cコード:C0193
文庫コード:M-た-3-2


装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

駿河湾沖を震源とする大規模な地震が発生し、各地に被害をもたらすなか、土砂崩れの中からふたつの屍体が発見された。六本木界隈に蔓延する奇怪な噂「恐怖の問題」をなぞったかのような状況に興味を覚え、天才少年・牧場智久は噂の原型と発生源を調べ始める。すべてが五里霧中の展開に眩暈を覚える異様な力作長編。少年探偵・牧場智久、第二の事件。解説・詰将棋作成=若島正


竹本健治

(タケモトケンジ )

1954年兵庫県生まれ。東洋大学中退。77年雑誌〈幻影城〉で大作『匣の中の失楽』を連載を開始しデビュー。『囲碁殺人事件』『将棋殺人事件』『トランプ殺人事件』の〈ゲーム三部作〉の他、『ウロボロスの偽書』『閉じ箱』『クレシェンド』など著作多数。コミック作品も手掛ける。