バルーンタウンノテマリウタ

バルーン・タウンの手毬唄

松尾由美


在庫なし

定価:770円 (本体価格:700円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

バルーン・タウンの手毬唄

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
バルーン・タウン・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:298ページ
初版:2005年5月13日

ISBN:978-4-488-43904-0
Cコード:C0193
文庫コード:M-ま-1-4

装画:西山クニ子
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

妊婦探偵・暮林美央が大活躍する、バルーン・タウン・シリーズ第3弾。第一子妊娠中に出くわした事件を暖炉の前で回想して語る「バルーン・タウンの手毬唄」「幻の妊婦」の2編。ミステリ作家から出題された本格ミステリ短編の謎解きに挑む「読書するコップの謎」。バルーン・タウンで起こった密室盗難事件にまつわる陰謀を解決する「九か月では遅すぎる」。ユニークな4編を収録。解説=赤木かん子


目次

「バルーン・タウンの手毬唄」
「幻の妊婦」
「読書するコップの謎」
「九か月では遅すぎる」


松尾由美

(マツオユミ )

1960年石川県生まれ。お茶の水女子大学卒業。89年『異次元カフェテラス』を刊行しデビュー。91年「バルーン・タウンの殺人」がハヤカワSFコンテストに入選。主な著作に〈バルーン・タウン〉シリーズ、〈安楽椅子探偵アーチー〉シリーズ、〈ハートブレイク・レストラン〉シリーズ、『雨恋』『九月の恋と出会うまで』『煙とサクランボ』『花束に謎のリボン』『わたしのリミット』『ニャン氏の事件簿』などがある。