コウテイトケンジュウト

皇帝と拳銃と

倉知淳


皇帝と拳銃と

ジャンル
国内ミステリ > 倒叙推理
国内ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:410ページ
初版:2019年11月15日

ISBN:978-4-488-42124-3
Cコード:C0193
文庫コード:M-く-2-11

装画:牧野千穂
装幀:岩郷重力+k.k


内容紹介

私の誇りを傷つけるなど、万死に値する愚挙である。絶対に許してはいけない。学内で“皇帝”と称される稲見主任教授は、来年に副学長選挙を控え、恐喝者の排除を決意し実行に移す。犯行計画は完璧なはずだった。そう確信していた。あの男が現れるまでは。──倉知淳初の倒叙ミステリ・シリーズ、全四編を収録。〈刑事コロンボ〉の衣鉢を継ぐ警察官探偵が、またひとり誕生する。解説=香山二三郎


目次

「運命の銀輪」
「皇帝と拳銃と」
「恋人たちの汀」
「吊られた男と語らぬ女」


倉知淳

(クラチジュン )

1962年静岡県生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。93年、『競作 五十円玉二十枚の謎』への投稿を経て翌94年、『日曜の夜は出たくない』で本格的な作家デビューを飾る。以後、ユーモラスで親しみやすい作風ながら、ミステリとしての完成度にも妥協しない、高いクオリティの作品群を書き続けている。2001年、『壺中の天国』で第1回本格ミステリ大賞を受賞。他の著作に『過ぎ行く風はみどり色』『占い師はお昼寝中』『星降り山荘の殺人』『幻獣遁走曲』『ほうかご探偵隊』『なぎなた』『こめぐら』などがある。