第6回本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞

ニッポンコウカノナゾ

ニッポン硬貨の謎

エラリー・クイーン最後の事件

北村薫


ニッポン硬貨の謎

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:334ページ
初版:2009年4月24日

ISBN:978-4-488-41306-4
Cコード:C0193
文庫コード:M-き-3-6

装画:ソリマチアキラ
装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

名探偵エラリー・クイーン、日本の難事件を解く!

●有栖川有栖氏推薦――「北村薫がEQを操り、EQが北村薫を操る。本書は、本格ミステリの一大事件だ。」

【第6回本格ミステリ大賞〈評論・研究部門〉受賞】
1977年、ミステリ作家にして名探偵でもあるエラリー・クイーンが出版社の招きで来日、公式日程をこなすかたわら、東京に続発していた幼児連続殺害事件と、怪しい両替男にまつわる〈50円玉20枚の謎〉事件をみごと解き明かす! 敬愛してやまない本格ミステリの巨匠クイーンの遺稿を翻訳した――という体裁で描かれる、華麗なるパスティーシュの世界。解説=戸川安宣、法月綸太郎

*エラリー・クイーン生誕100年記念出版
*第4位『2006本格ミステリ・ベスト10』/国内ランキング
*第9位週刊文春「2005年ミステリーベスト10」/国内部門



北村薫

(キタムラカオル )

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の?』で第44回日本推理作家協会賞、2006年『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞。16年、第19回日本ミステリー文学大賞受賞。著書に『秋の花』『スキップ』『ターン』『覆面作家は二人いる』『街の灯』『冬のオペラ』『盤上の敵』『八月の六日間』『詩歌の待ち伏せ』『ミステリは万華鏡』等がある。