ゲサク・タンジョウサツジンジケン

戯作・誕生殺人事件

辻真先


在庫僅少

定価:1,144円 (本体価格:1,040円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

戯作・誕生殺人事件

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
シリーズ
ポテトとスーパー

判型:文庫判
ページ数:468ページ
初版:2024年5月17日

ISBN:978-4-488-40523-6
Cコード:C0193
文庫コード:M-つ-1-10

装画:くりたゆき
装幀:石松経章(Keisyo事務所)


内容紹介

東京から北関東に移住した、牧薩次とキリコ夫妻。キリコは高齢出産を決意し、地元の中学生・美祢に住み込みで家事を手伝ってもらっている。臨月間近の秋祭の日に届けられたミステリの生原稿が、新たな事件をもたらし──。台風が襲来した夜、海外出張で薩次不在のなか、大きなお腹を抱え難事件解決に挑むキリコ。『仮題・中学殺人事件』にはじまる〈ポテトとスーパー〉最終巻。解説=青崎有吾


辻真先

(ツジマサキ )

1932年愛知県生まれ。名古屋大学卒。NHK勤務後、『鉄腕アトム』『サザエさん』『サイボーグ009』『デビルマン』『Dr.スランプ アラレちゃん』など、アニメや特撮の脚本家として幅広く活躍。72年『仮題・中学殺人事件』でミステリ作家としてデビュー。現在でもTVアニメ『名探偵コナン』の脚本を手掛けるほか、大学教授として後進の指導にあたっている。82年『アリスの国の殺人』が第35回日本推理作家協会賞を、2009年に牧薩次名義で刊行した『完全恋愛』が第9回本格ミステリ大賞を受賞。19年に第23回日本ミステリー文学大賞を受賞。20年刊行の『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』は、年末ミステリランキング3冠を達成する。