キジュツタンテイソガカジョウゼンシュウ

奇術探偵 曾我佳城全集〈下〉

泡坂妻夫


未刊

定価:1,320円 (本体価格:1,200円)

※未刊・近刊の商品につきましてはオンライン書店でお取り扱いしていない場合がございます

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

奇術探偵 曾我佳城全集〈下〉

ジャンル
国内ミステリ > 短編集
国内ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:506ページ
初版:2020年1月24日

ISBN:978-4-488-40225-9
Cコード:C0193
文庫コード:M-あ-1-15

装画:早川洋貴
装幀:柳川貴代


内容紹介

美貌の奇術師にして名探偵・曾我佳城が解決する事件の数々。花火大会の夜の射殺事件で容疑者の鉄壁のアリバイを崩していく「花火と銃声」。雪に囲まれた温泉宿で起きた、“足跡のない殺人”の謎を解く「ミダス王の奇跡」。佳城の夢を形にした奇術博物館にて悲劇が起こる、最終話「魔術城落成」など11編を収録。奇術師の顔を持った著者だからこそ描けた、傑作シリーズをご覧あれ。解説=米澤穂信


目次

「虚像実像」
「花火と銃声」
「ジグザグ」
「だるまさんがころした」
「ミダス王の奇跡」
「浮気な鍵」
「真珠夫人」
「とらんぷの歌」
「百魔術」
「おしゃべり鏡」
「魔術城落成」


泡坂妻夫

(アワサカツマオ )

1933年東京生まれ。76年「DL2号機事件」が第1回幻影城新人賞佳作入選。78年『乱れからくり』で第31回日本推理作家協会賞を受賞。90年『蔭桔梗』で第103回直木賞を受賞。『亜愛一郎の狼狽』『11枚のとらんぷ』『湖底のまつり』などのミステリ作品の他、本名の厚川昌男名義のマジック関連著作など多数。2009年2月逝去。