スイリタンペンロッカセン

推理短編六佳撰

北村薫宮部みゆき


推理短編六佳撰

ジャンル
国内ミステリ > アンソロジー
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:354ページ
初版:1995年11月24日

ISBN:978-4-488-40051-4
Cコード:C0193
文庫コード:M-ん-2-1



内容紹介

第2回(1995年度)創元推理短編賞へ投じられた362編から厳選された作品をもとに、短編の名手が推理小説作法の極意を伝授する。巧まずして多彩な作品集となった本書は、投稿諸氏に無尽の啓示を与えるだろう。解説(対談)=北村薫・宮部みゆき


目次

遠田緩「萬相談百善和尚」
釣巻礼公「崖の記憶」
永多正夢「試しの遺言」
永井するみ「瑠璃光寺」
那伽井聖「憧れの少年探偵団」
植松二郎「象の手紙」


北村薫

(キタムラカオル )

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の?』で第44回日本推理作家協会賞、2006年『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞。16年、第19回日本ミステリー文学大賞受賞。著書に『秋の花』『スキップ』『ターン』『覆面作家は二人いる』『街の灯』『冬のオペラ』『盤上の敵』『八月の六日間』『詩歌の待ち伏せ』『ミステリは万華鏡』等がある。