マッテイル

待っている

レイモンド・チャンドラー
稲葉明雄


待っている

ジャンル
海外ミステリ > ハードボイルド
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
チャンドラー短編全集 3

判型:文庫判
ページ数:386ページ
初版:1968年8月10日

ISBN:978-4-488-13105-0
Cコード:C0197
文庫コード:M-チ-1-5



内容紹介

●大沢在昌氏推薦――「大人の女の恋と諦念、大人の男の優しさ」(ミステリーズ!Vol.01)

ロスアンジェルスのネオンの中を無鉄砲に、しかし一抹の感傷を抱いて歩む主人公フィリップ・マーロウ。そのマーロウに現代人の一典型を見出し、彼の魅力にひかれる読者は多い。本書はマーロウものを含めた中編、「ベイ・シティ・ブルース」「真珠は困りもの」「犬が好きだった男」異色短編「ビンゴ教授の嗅ぎ薬」そして「待っている」を収録。


目次

「ベイ・シティ・ブルース」
「真珠は困りもの」
「犬が好きだった男」
「ビンゴ教授の嗅ぎ薬」
「待っている」


レイモンド・チャンドラー

アメリカの作家。1888年生、1959年歿。両親の離婚後、母と共にイギリスに渡り、そこでエッセイや詩を書いていたが、アメリカに戻り、第一次大戦後に小説を書き始めた。ブラック・マスク〉誌を皮切りに、一九三九年には処女長編『大いなる眠り』を発表、私立探偵フィリップ・マーロウを登場させ、新感覚の語法、非情な人間描写で、ダシール・ハメットにひきつづき、ハードボイルド派を確立した。