赤い風

ジャンル
海外ミステリ > ハードボイルド
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
チャンドラー短編全集 1

判型:文庫判
ページ数:380ページ
初版:1963年5月17日

ISBN:978-4-488-13103-6
Cコード:C0197
文庫コード:M-チ-1-3



内容紹介

ハメットのあとを継いで正統派ハードボイルドを確立したチャンドラーの作品は、すぐれた推理小説としての条件をすべて備えている。すなわち、新感覚の語法、サスペンス、リアリズム、そして不朽の主人公フィリップ・マーロウである。ロスアンジェルスのネオンの中を無鉄砲に、しかも一抹の感傷を抱いて歩み去るマーロウに、読者は現代人の一典型を見いだすだろう。マーロウものを含めたチャンドラーの中短編傑作を全4巻に編集した待望のアンソロジー。序=レイモンド・チャンドラー(『簡単な殺人法』序文)/訳者あとがき=稲葉明雄


目次

「脅迫者は射たない」
「赤い風」
「金魚」
「山には犯罪なし」


レイモンド・チャンドラー

アメリカの作家。1888年生、1959年歿。両親の離婚後、母と共にイギリスに渡り、そこでエッセイや詩を書いていたが、アメリカに戻り、第一次大戦後に小説を書き始めた。ブラック・マスク〉誌を皮切りに、一九三九年には処女長編『大いなる眠り』を発表、私立探偵フィリップ・マーロウを登場させ、新感覚の語法、非情な人間描写で、ダシール・ハメットにひきつづき、ハードボイルド派を確立した。