ジャンピングジェニイ

ジャンピング・ジェニイ

アントニイ・バークリー
狩野一郎


ジャンピング・ジェニイ

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
ロジャー・シェリンガム・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:350ページ
初版:2009年10月30日

ISBN:978-4-488-12306-2
Cコード:C0197
文庫コード:M-ハ-3-6

装画:牛尾篤
装幀:本山木犀


内容紹介

屋上の絞首台に吊された藁製の縛り首の女──小説家ストラットン主催の〈殺人者と犠牲者〉パーティの悪趣味な余興だ。ロジャー・シェリンガムは、有名な殺人者に仮装した招待客のなかの嫌われもの、主催者の義妹イーナに注目する。そして宴が終わる頃、絞首台には人形の代わりに、本物の死体が吊されていた。探偵小説黄金期の雄・バークリーが才を遺憾なく発揮した出色の傑作! 訳者あとがき=狩野一郎/解説=川出正樹

*第3位『2011本格ミステリ・ベスト10』“ゼロ年代”2000-2009海外本格ミステリ オールベスト・ランキング


アントニイ・バークリー/フランシス・アイルズ

イギリスの作家。1893年生、1971年歿。ユーモア雑誌〈パンチ〉の常連寄稿家だったバークリー=アイルズは、一九二五年に“?”名義で初の長編探偵小説を発表。謎解き小説の離れわざ『毒入りチョコレート事件』、被害者の立場から描かれた驚くべき犯罪心理小説『レディに捧げる殺人物語』など、傑出した批評眼が生み出した高峰は今なお他の追随を許さない。まさに英国黄金時代を代表する巨人である。