シコウサクゴ

試行錯誤

アントニイ・バークリー
鮎川信夫


試行錯誤

ジャンル
海外ミステリ > 倒叙推理
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
アンブローズ・チタウィック・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:524ページ
初版:1971年12月10日

ISBN:978-4-488-12304-8
Cコード:C0197
文庫コード:M-ハ-3-2

装画:牛尾篤
装幀:本山木犀


内容紹介

主治医から余命数か月と宣告されたトッドハンター氏は、命尽きるまでの短い時間の有意義な使い方を考えた結果、世に害を為す人物の抹殺に充てることにした。迷走の末ようやく標的を決定したものの、その死にまつわる過ち(エラー)から裁判(トライアル)のため奔走する羽目に。おちおち死ぬこともできないトッドハンター氏を待ち受ける皮肉な運命とは。多重どんでん返しで読者を魅了するバークリーの到達点。解説=宮脇孝雄(初刊時タイトル『トライアル&エラー』を改題)


アントニイ・バークリー/フランシス・アイルズ

イギリスの作家。1893年生、1971年歿。ユーモア雑誌〈パンチ〉の常連寄稿家だったバークリー=アイルズは、一九二五年に“?”名義で初の長編探偵小説を発表。謎解き小説の離れわざ『毒入りチョコレート事件』、被害者の立場から描かれた驚くべき犯罪心理小説『レディに捧げる殺人物語』など、傑出した批評眼が生み出した高峰は今なお他の追随を許さない。まさに英国黄金時代を代表する巨人である。