ウラギリノトウ

裏切りの塔

G・K・チェスタトン作品集

G・K・チェスタトン
南條竹則


裏切りの塔

ジャンル
海外ミステリ > 短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:334ページ
初版:2021年5月28日

ISBN:978-4-488-11021-5
Cコード:C0197
文庫コード:M-チ-3-13

装画:磯良一
装幀:山田英春


内容紹介

人を食う樹として怖れられる三股(みつまた)の怪樹。この樹に登る賭けをした大地主の失踪事件から始まる怪異の連続を綴る傑作中編「高慢の樹」、名探偵としての才に恵まれたスティーヴン神父が不可能犯罪に挑む表題作、夢見がちな姪を案じた公爵が取った奇策が思わぬ騒動へと発展する、本邦初訳の戯曲「魔術」などの五編を新訳で贈る。巨匠の多彩な魅力が凝縮された日本オリジナル作品集。訳者あとがき=南條竹則/解説=垂野創一郎


目次

「高慢の樹」
「煙の庭」
「剣の五」
「裏切りの塔」

「魔術──幻想的喜劇」


G・K・チェスタトン

1874年イギリス生まれ。作家、評論家。逆説と諧謔の大家として知られ、〈ブラウン神父〉シリーズに代表される短編推理小説は、コナン・ドイルの作品と並んで後世の作家たちに計り知れない影響を与えた。また長編『木曜の男』などに顕著な独特の幻想性により、現在でも熱狂的な読者を獲得している。1936年没。