J・G・バラードタンペンゼンシュウ3

J・G・バラード短編全集〈3〉

終着の浜辺

J・G・バラード
柳下毅一郎 監修
浅倉久志 他訳


J・G・バラード短編全集〈3〉

ジャンル
SF > 短編集

判型:四六判上製
ページ数:410ページ
初版:2017年5月31日

ISBN:978-4-488-01060-7
Cコード:C0097

装画:エドゥアルド・パオロッツィ
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。


内容紹介

『結晶世界』『ハイ・ライズ』などの傑作群で、叙事的な文体で20世紀SFに独自の境地を拓いた鬼才の全短編を五巻に集成。第三巻には本邦初訳の「イルミネーテッド・マン」を含む19編を収録。


J・G・バラード

イギリスの作家。1930年生。「人間が探求しなければならないのは、外宇宙(アウター・スペース)ではなく、内宇宙(インナー・スペース)だ」として、SFの新しい波(ニュー・ウェーブ)運動の先頭に立った。人間の精神世界をテーマに、シュールな技法とファンタスティックな文体で独自の世界を築いた。『沈んだ世界』『結晶世界』などの長編と共に、『時の声』をはじめとする数々の短編集でも、独特の世界を楽しむことができる。2009年歿。


柳下毅一郎

(ヤナシタキイチロウ )

翻訳家、映画批評家。1963年、大阪府生まれ。東京大学工学部卒業。著作に『愛は死より冷たい──映画嫌いのための映画の本』『シネマ・ハント──ハリウッドがつまらなくなった101の理由』などがある。主な訳書はJ・G・バラード『クラッシュ』、ニール・ゲイマン『ネバーウェア』、R・A・ラファティ『地球礁』『宇宙舟歌』、ジーン・ウルフ『ケルベロス第五の首』『デス博士の島その他の物語』(共訳)、アラン・ムーア&エディ・キャンベル『フロム・ヘル』など。