ヒトラーニアイサレタオンナ

ヒトラーに愛された女

真実のエヴァ・ブラウン

ハイケ・B・ゲルテマーカー
酒寄進一


ヒトラーに愛された女

ジャンル
ノンフィクション・その他 > 評伝・伝記
ノンフィクション・その他 > 歴史

判型:四六判上製
ページ数:344ページ
初版:2012年1月20日

ISBN:978-4-488-00382-1
Cコード:C0022

写真:Getty Images
装幀:中村聡


内容紹介

一九二九年、まだ一介の政党の党首だったヒトラーとミュンヘンの写真館で出会い、独裁者への階段を上るその傍らに寄り添い続けたエヴァ・ブラウン。従来「退屈で画一的な存在」とだけ片づけられてきたヒトラーの愛人の真実の姿、山荘に籠った総統を囲んだ知られざる〈ベルクホーフ・サークル〉、そして国民には明かされなかったヒトラーの日常。豊富な資料を駆使して、ヒトラーとその愛人に新たな光を当てる傑作ノンフィクション! 訳者あとがき=酒寄進一



酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。