著作一覧


ヘニング・マンケル

1948年スウェーデン生まれ。作家、舞台監督、劇作家。〈刑事ヴァランダー・シリーズ〉の第1巻『殺人者の顔』でガラスの鍵賞を、第5巻『目くらましの道』でCWA賞のゴールドダガーを受賞、他に児童書やエッセイなども書いた、人気実力ともに北欧ナンバーワンの作家である。2015年没。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品23件中、21〜23件目を表示


海外ミステリ  >> 警察小説

白い雌ライオン

刑事ヴァランダー・シリーズ

白い雌ライオン

ヘニング・マンケル
柳沢由実子

定価:1,650円  ISBN:978-4-488-20904-9

在庫あり  初版:2004年9月30日

消えた女、爆発する家、切断された黒人の指。スウェーデンの片田舎で連続して発生する不可解な事件と旧ソ連、南アフリカとを結ぶ糸は? CWAゴールドダガー受賞シリーズ。 


海外ミステリ  >> 警察小説

リガの犬たち

刑事ヴァランダー・シリーズ

リガの犬たち

ヘニング・マンケル
柳沢由実子

定価:1,210円  ISBN:978-4-488-20903-2

在庫あり  初版:2003年4月11日

海岸に二人の男の死体が流れ着いた。どうやら東欧の人間らしい。小さな港町の刑事ヴァランダーは、この国境を越えた事件に思わぬ形で深入りすることになる。注目の第二弾。 


海外ミステリ  >> 警察小説

殺人者の顔

刑事ヴァランダー・シリーズ

殺人者の顔

ヘニング・マンケル
柳沢由実子

定価:1,100円  ISBN:978-4-488-20902-5

在庫あり  初版:2001年1月26日

【CWAゴールドダガー受賞シリーズ/スウェーデン推理小説アカデミー最優秀賞受賞】雪の予感がする早朝、動機不明の二重殺人が発生。男は惨殺され、女も「外国の」と言い残して事切れる。片隅で暮らす老夫婦を、誰がかくも残虐に殺害したのか。 


該当商品23件中、21〜23件目を表示