テンクウノヒョウテキ2

天空の標的〈2〉

惑星ラランド2降下作戦

ギャビン・スミス
金子浩


天空の標的〈2〉

ジャンル
SF > SF
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:262ページ
初版:2016年10月14日

ISBN:978-4-488-76105-9
Cコード:C0197
文庫コード:SF-ス-9-5

装画:緒賀岳志
装幀:WW+W.I


内容紹介

星雲賞作家・小川一水氏推薦

もう誰も殺したくない――戦いに倦んだジェイコブは、モラグの願いも振り切って引退を決意する。だが戦況はそれを許さない。カバルは植民惑星ラランド2の前線基地“城砦”を拠点として、異星種族〈やつら〉から奪ったバイオナノテクノロジーを人体実験しつつ、太陽系侵攻の準備を進めていた。ジェイコブたちはラランド2潜入に向け、最強のチームを編成するため小惑星帯に向かう。だが、そこには早くもカバルの影が……。


ギャビン・スミス

1968年イギリス・スコットランドのダンディー生まれ。大学では映画脚本創作を学び、中世史で修士号を得る。2010年、『帰還兵の戦場』で作家デビューし、同作はキャンベル記念賞の候補となった。2011年には続編『天空の標的』を発表。そのほか、長編4作および共作長編3作を発表している。