カセイノイセキ

火星の遺跡

ジェイムズ・P・ホーガン
内田昌之


火星の遺跡

ジャンル
SF > SF
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:448ページ
初版:2018年12月21日

ISBN:978-4-488-66327-8
Cコード:C0197
文庫コード:SF-ホ-1-27

装画:加藤直之
装幀:岩郷重力+W.I


内容紹介

火星のドーム都市で研究中のテレポーテーション技術と、太陽系全土に遺跡を残す12000年前の古代文明。二つの謎の真相は? 『星を継ぐもの』の著者が放つ傑作SF!


ジェイムズ・P・ホーガン

ジェイムズ・P・ホーガン

1941年、英国ロンドン生まれ。コンピュータ・セールスマンだったが、1977年に一気に書き上げた長編『星を継ぐもの』でデビュー。同書は日本に翻訳紹介されると同時に爆発的な人気を博し、翌年の星雲賞を受賞。さらに『創世記機械』『内なる宇宙』でも同賞を受賞した。『造物主(ライフメーカー)の掟』『時間泥棒』など、最新科学技術に挑戦する作品を矢つぎばやに発表し、現代ハードSFの旗手として幅広い読者を獲得した。また『未来の二つの顔』『未来からのホットライン』『星を継ぐもの』は星野之宣によって漫画化されている。2010年没。


内田昌之

(ウチダマサユキ )

1961年生まれ。神奈川大学外国語学部卒業。英米文学翻訳家。主な訳書に、ホーガン『量子宇宙干渉機』『揺籃の星』、レズニック『キリンヤガ』、スコルジー『老人と宇宙』ほか多数。