スポンサーカラヒトコト

スポンサーから一言

フレドリック・ブラウン
中村保男


スポンサーから一言

ジャンル
SF > 短編集
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:294ページ
初版:1966年3月25日

ISBN:978-4-488-60504-9
Cコード:C0197
文庫コード:SF-フ-2-4

ディレクション&イラスト:吉永和哉
装幀:田中久美子+WONDER WORKZ.


内容紹介

SFショート・ショートを書かせては、その右に出る者がない鬼才ブラウンの傑作集。彼が一言呪文を唱えるやいなや、悪魔は地獄の門を開いて読者にウィンクし、宇宙船は未来の空間を航行しはじめる。この現代の魔術師の導きで、200万光年のかなたからやって来た宇宙人との冒険旅行、悪魔といっしょにランデブーを!


目次

「ブードゥーの魔術」
「歩哨」
「最初のタイム・マシン」
「あたりまえ」
「実験」
「血」
「至福千年期(ミレニアム)」
「効きすぎ」
「立ち入るな」
「武器」
「選ばれた男」
「ドーム」
「鏡の間」
「地獄の蜜月旅行」
「最後の火星人」
「鼠」
「闘技場」
「かくて神々は笑いき」
「スポンサーから一言」
「翼のざわめき」
「想像」


フレドリック・ブラウン

1906年アメリカ生まれ。新聞社、雑誌社などに勤務のかたわら、執筆を開始。1947年刊行のミステリ長編『シカゴ・ブルース』で、翌年のMWA最優秀処女長編賞を受賞。多くのミステリ、SF、ファンタジーを発表した。代表作は〈エド・ハンター〉シリーズ、『通り魔』『不思議な国の殺人』『3、1、2とノックせよ』『まっ白な嘘』『未来世界から来た男』『天使と宇宙船』『スボンサーから一言』など。奇抜な着想と軽妙な話術で描くショートショートの名手。1972年没。


中村保男

(ナカムラヤスオ )

1931年生まれ。東京大学文学部英文学科卒業。英米文学翻訳家。翻訳研究・翻訳技術に関する著書も多数ある。2008年12月9日歿。