エスエフカーニバル

SFカーニバル

フレドリック・ブラウンマック・レナルズ
小西宏


SFカーニバル

ジャンル
SF > アンソロジー
レーベル
創元SF文庫

判型:文庫判
ページ数:286ページ
初版:1964年11月13日

ISBN:978-4-488-60503-2
Cコード:C0197
文庫コード:SF-フ-2-3

ディレクション&イラスト:吉永和哉
装幀:田中久美子+WONDER WORKZ.


内容紹介

鬼才フレドリック・ブラウンが編纂したユーモアSF短編の名アンソロジー。地球侵略、タイム・トラベル、ロボット、スペース・オペラ、ミュータント(突然変異種)など、SFの主要なテーマを網羅した傑作揃いの入門書でもある。本邦初訳作品を多数収録し、多彩な現代SFの展望を与えてくれる、ファン必携のハンドブック。本文イラスト=司修/序=フレドリック・ブラウン/まえがき=マック・レナルズ/ノート=厚木淳


目次

ロバート・アーサー「タイム・マシン」
マレー・ラインスター「ジョーという名のロジック」
エリック・フランク・ラッセル「ミュータント」
マック・レナルズ「火星人来襲」
ネルスン・ボンド「SF作家失格」
フレドリック・ブラウン「恐竜パラドックス」
クライブ・ジャクスン「ヴァーニスの戦士」
ラリー・ショー「宇宙サーカス」
H・B・ファイフ「ロボット編集者」
ジョージ・O・スミス「地球=火星自動販売機」


フレドリック・ブラウン

1906年アメリカ生まれ。新聞社、雑誌社などに勤務のかたわら、執筆を開始。1947年刊行のミステリ長編『シカゴ・ブルース』で、翌年のMWA最優秀処女長編賞を受賞。多くのミステリ、SF、ファンタジーを発表した。代表作は〈エド・ハンター〉シリーズ、『通り魔』『不思議な国の殺人』『3、1、2とノックせよ』『まっ白な嘘』『未来世界から来た男』『天使と宇宙船』『スボンサーから一言』など。奇抜な着想と軽妙な話術で描くショートショートの名手。1972年没。


小西宏

(コニシヒロシ )

1929年生まれ。東北大学、一橋大学大学院卒業。元専修大学教授。英米文学翻訳家。1998年歿。