世界幻想文学大賞受賞

アルヒドコカデ

ある日どこかで

リチャード・マシスン
尾之上浩司


ある日どこかで

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ
SF > SF
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:476ページ
初版:2002年3月15日

ISBN:978-4-488-58102-2
Cコード:C0197
文庫コード:F-マ-5-2

装画:佳嶋
装幀:柳川貴代


内容紹介

●川本三郎氏推薦――「待望久しい恋愛ファンタジーの古典。時を超えた純愛はいまも心に迫る。」
●瀬名秀明氏推薦――「きっとあなたもこの物語を生涯大切にしたくなるだろう。これは奇蹟のラヴ・ストーリーである。」

【世界幻想文学大賞受賞作】
あと半年足らずの命と診断された脚本家リチャードは、旅の途中、サンディエゴのホテルで、女優エリーズの色あせたポートレイトを目にした。恋におちた彼は、彼女に一目会おうと1986年への時間旅行を試みる。映画化・舞台化され、今もなお熱狂的な人気を博する傑作ファンタジイ。解説=瀬名秀明 

*映画『ある日どこかで』(1980年)原作



尾之上浩司

(オノウエコウジ )

英米文学翻訳家。主な訳書にマシスン『ある日どこかで』、フォスター『スター・トレック――イントゥ・ダークネス』、ロス『ダーク・シャドウ――血の唇』、カークマン+ボナンジンガ『ウォーキング・デッド――ガバナーの誕生』ほか多数。