ニホンカイキショウセツケッサクシュウ1

日本怪奇小説傑作集〈1〉

紀田順一郎東雅夫


日本怪奇小説傑作集〈1〉

ジャンル
ホラー > ホラー
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:
ページ数:490ページ
初版:2005年7月15日

ISBN:978-4-488-56401-8
Cコード:C0193
文庫コード:F-ん-2-1

版画:田中恭吉「失題」
装幀:間村俊一


内容紹介

●荒俣宏氏推薦――「絶対名作! 王道の大アンソロジーがでた。21世紀はこのバイブルを通じ「怪奇小説の時代」が開く。」

イギリスと並んで、怪奇幻想小説の最も広大な沃野と、奥深い背景を備えているのは日本である。民話、説話から近世の草双紙をへて今日にいたるまで、妖異奇談の類は膨大な量にのぼる。この傑作集は、既刊《怪奇小説傑作集》と併読されることを期して、日本の怪奇小説が最大限のおもしろさ、多様性を発揮した明治以降の精華を選りすぐったものである。読者よ、本書を手がかりとして、“もう一つの文学史”の発見に到達されんことを。序文=紀田順一郎/編者あとがき=東雅夫


目次

小泉八雲「茶碗の中」
泉鏡花「海異記」
夏目漱石「蛇」
森鴎外「蛇」
村山槐多「悪魔の舌」
谷崎潤一郎「人面疽」
大泉黒石「黄夫人の手」
芥川龍之介「妙な話」
内田百閨u盡頭子」
田中貢太郎「蟇の血」
室生犀星「後の日の童子」
岡本綺堂「木曾の旅人」
江戸川乱歩「鏡地獄」
大佛次郎「銀簪」
川端康成「慰霊歌」
夢野久作「難船小僧」
佐藤春夫「化物屋敷」



東雅夫

(ヒガシマサオ )

1958年神奈川県生まれ。早稲田大学卒。文芸評論家、アンソロジスト。怪談専門誌『幽』編集顧問。著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)、『百物語の怪談史』ほか、編纂書に『日本怪奇小説傑作集』全3巻(紀田順一郎と共編)、〈文豪怪談傑作選〉シリーズほか多数。