ニホンカイキショウセツケッサクシュウ3

日本怪奇小説傑作集〈3〉

紀田順一郎東雅夫


日本怪奇小説傑作集〈3〉

ジャンル
ホラー > ホラー
レーベル
創元推理文庫(F)

判型:文庫判
ページ数:474ページ
初版:2005年12月16日

ISBN:978-4-488-56403-2
Cコード:C0193
文庫コード:F-ん-2-3

装画:田中恭吉「スパァク」
装画:間村俊一


内容紹介

明治以降、日本の怪奇小説は、怪異を客観化することで大きく革新された。幻想への科学的な指向性。社会の合理主義から逸脱し怪奇を紡ぎ出す、意識の闇への沈潜。あるいは、疑問や躊躇を抱きつつ怪奇幻想を受容し肯定する、語りの装置としての懐疑精神……。さらに、戦後半世紀の社会環境の変化が、恐怖という感性と、怪奇小説に変容をもたらす。文芸、ミステリ、SF等のジャンルを超えた、多彩な作家たちによる17編を収める最終巻。序文=紀田順一郎/編者あとがき=東雅夫


目次

山川方夫「お守り」
吉行淳之介「出口」
小松左京「くだんのはは」
稲垣足穂「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」
都筑道夫「はだか川心中」
荒木良一「名笛秘曲」
三浦哲郎「楕円形の故郷」
星新一「門のある家」
半村良「箪笥」
中井英夫「影人」
吉田健一「幽霊」
筒井康隆「遠い座敷」
阿刀田高「縄−−編集者への手紙−−」
赤江瀑「海贄考」
澁澤龍彦「ぼろんじ」
皆川博子「風」
高橋克彦「大好きな姉」



東雅夫

(ヒガシマサオ )

1958年神奈川県生まれ。早稲田大学卒。文芸評論家、アンソロジスト。怪談専門誌『幽』編集顧問。著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)、『百物語の怪談史』ほか、編纂書に『日本怪奇小説傑作集』全3巻(紀田順一郎と共編)、〈文豪怪談傑作選〉シリーズほか多数。