ゲンブトウジケン

玄武塔事件

太田忠司


玄武塔事件

ジャンル
国内ミステリ > 本格ミステリ
国内ミステリ > 少年・少女探偵
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
少年探偵・狩野俊介シリーズ

判型:文庫判
ページ数:332ページ
初版:2009年12月25日

ISBN:978-4-488-49004-1
Cコード:C0193
文庫コード:M-お-6-4

装画:竹岡美穂
装幀:波戸恵


内容紹介

石神探偵事務所の一員でもあるアキは、友人の多賀谷紫織らと、紫織の伯父が住む玄武屋敷を訪れた。だが滞在二日目、屋敷の端に建てられた玄武塔と呼ばれる堅固な石造りの塔の中で、殺人と人間消失という謎に満ちた事件が起こる。それはどう見ても、密室状況での出来事だった! 思いあまったアキは、探偵事務所所長の野上に助けを求める。少年探偵・狩野俊介シリーズ長編第四弾。解説=有栖川有栖


太田忠司

(オオタタダシ )

1959年愛知県生まれ。名古屋工業大学卒業。81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。『僕の殺人』以下の〈殺人三部作〉などで新本格の旗手として活躍。2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。『刑事失格』に始まる〈阿南〉シリーズほか、〈狩野俊介〉〈探偵・藤森涼子〉〈ミステリなふたり〉〈目白台サイドキック〉など多くのシリーズ作品を執筆。その他『奇談蒐集家』『星町の物語』『幻影のマイコ』など著作多数。