ギワクノボヒョウ

疑惑の墓標

藤桂子


在庫なし

定価:1,012円 (本体価格:920円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

疑惑の墓標

ジャンル
国内ミステリ > 警察小説
レーベル
創元推理文庫(M)
シリーズ
菊地警部シリーズ 3

判型:文庫判
ページ数:344ページ
初版:2010年5月28日

ISBN:978-4-488-48503-0
Cコード:C0193
文庫コード:M-ふ-2-3


装幀:大路浩実


内容紹介

失踪から二カ月、トランク詰めにされた高見沢妙子の遺体が西伊豆で見つかった。愛人関係にあったカメラマンの浅倉が容疑者とされたが、人となりを知る田辺は浅倉の無実を信じて調査を始める。一方、鳴子温泉近くの林で不審な死を遂げた塾講師、坂口三郎。新妻の陽子は夫を殺した男を捜そうと手始めに遺品を整理する。二人のアマチュア探偵の行動はやがて重なり合い、事件の不可分な関係が浮かび上がった。更なる究明を委ねられた捜査一課の相沢と菊地は、墓標に託されたメッセージによって驚愕の真相に至る。藤雪夫との共著『獅子座』『黒水仙』に続くシリーズ第三作にして桂子単独名義の処女作。解説=千街晶之