ヨコクジョウブラック・オア・ホワイト

予告状ブラック・オア・ホワイト

ご近所専門探偵物語

市井豊


予告状ブラック・オア・ホワイト

ジャンル
国内ミステリ > ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:304ページ
初版:2019年2月22日

ISBN:978-4-488-44113-5
Cコード:C0193
文庫コード:M-い-9-3

装画:ハモンド華麗
装幀:西村弘美


内容紹介

●東川篤哉氏推薦──「地域密着型の謎を溢れるユーモアと地元愛で語る。これぞ傑作ご当地ミステリだ!」

真面目さが取り柄の会社員・透子は、ひょんなことから名探偵・九条の秘書になる。かつて彼は全国を股にかけ、多くの難事件を解決した素人探偵だったが、今はなぜか地元・川崎市内というご近所でのささやかな謎にしか興味を持たない、自称“ご当地探偵”になっていた。ご当地アイドルに届いた予告状の謎など、ものぐさ探偵と生真面目秘書が依頼人の悩みを晴らす、連作ミステリ全5編! 著者あとがき=市井豊


目次

「予告状ブラック・オア・ホワイト」
「桐江さんちの宝物」
「嘘つきの町」
「おかえりエーデルワイス」
「絵馬に願いを」



市井豊

(イチイユタカ )

1983年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部卒。2008年、「聴き屋の芸術学部祭」で第5回ミステリーズ!新人賞に佳作入選する。12年、同作を表題作とした連作集で単行本デビュー。書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー『放課後探偵団』には〈聴き屋〉シリーズの「横槍ワイン」をもって参加。

公式ブログ:「まあまあ進行形(仮)」
http://blog.livedoor.jp/ichiing/