ニンギョトキンギョバチ

人魚と金魚鉢

市井豊


人魚と金魚鉢

ジャンル
国内ミステリ > ミステリ
国内ミステリ > 連作短編集
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:298ページ
初版:2018年2月23日

ISBN:978-4-488-44112-8
Cコード:C0193
文庫コード:M-い-9-2

装画:スカイエマ
装幀:岩郷重力+S.I


内容紹介

個性豊かなメンバーが集う、T大学芸術学部文芸サークル第三部〈ザ・フール〉。聴き屋体質にして名探偵の柏木君をはじめ、誰よりもネガティブな性格の先輩、推理マニアの美男子学生作家など、愉快な仲間達が遭遇する事件の数々。なぜ犯人は、音楽学科のコンサート会場のステージを泡だらけにしたのか? 爽やかな余韻が残る表題作ほか全五編を収録。軽やかな連作ミステリ第二弾。解説=宇田川拓也


目次

「青鬼の涙」
「恋の仮病」
「世迷い子と」
「愚者は春に隠れる」
「人魚と金魚鉢」


市井豊

(イチイユタカ )

1983年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部卒。2008年、「聴き屋の芸術学部祭」で第5回ミステリーズ!新人賞に佳作入選する。12年、同作を表題作とした連作集で単行本デビュー。書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー『放課後探偵団』には〈聴き屋〉シリーズの「横槍ワイン」をもって参加。

公式ブログ:「まあまあ進行形(仮)」
http://blog.livedoor.jp/ichiing/